So-net無料ブログ作成

ファンフィクションよりも... 6章 [Stranger than Fafiction]

6章
The Fifth Passenger
5番目の乗客

エンジンは1回じゃかからないから2-3回トライしてね、燃料計はあてにならないから走行距離に注意してと、トラブルの多い94年式シボレーステーションワゴンの説明を母はしていたが、トファーは上の空だった。ゆうべのメールの返事のことしか考えられなかった。

トファーは、母と弟のビリーに行ってくるよと言って、表で待つことにした。あれはキャッシュが返事したんじゃない、そんなことありえないと自分に言い聞かせていた。
なにぶつぶつ言ってる?という声にびっくりして振り向くと、ジョーイとサムが来ていた。トファーの落ち着かない様子にふたりは心配した。
トファーは、昨夜、ジョークでキャッシュに旅の誘いを送ったことをふたりに話した。そして何時集合?という返事のことも。このダウナーズグローブにセレブが??とサムとジョーイは涙を流して大笑いした。

10時ちょうどにぴかぴかの黒のタウンカーが止まり、中からキャッシュ・カーターが現れた。3人はびっくり仰天し、現実とわかるまで数秒かかった。黙ったままの3人に、そっちが招待したんだよ、そんなに驚くなよとキャッシュは言った。
4人で自己紹介しているところにモーが現れ「遅れた!もう朝から大変だったのよ」と、遅れた理由をいろいろとまくしたてた。4人が黙ってみていると、とうとうモーが気づいて手にしていた荷物を落とし、叫び声をあげた。
「君がモーだね。」

キャッシュ・カーター登場です。
何時集合?という返事のあと、トファーは半信半疑ながらこちらの住所をメールしたのですが、本当にやってきちゃいました。さて、これからどんな展開となるのでしょうか?

トファーのお母さんから借りたステーションワゴンはかなりの年季物のようで、エンジンのかかりが悪かったり、燃料計もあてにならないようで、これが後々のトラブルに貢献?(笑)します。

キャッシュがこれ木でできてるの?とか言ってたので、こんなかんじの車だったのかと。キャッシュは後ろの荷物席で、いつも寝てたみたい。

chevstawagon.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。