So-net無料ブログ作成
検索選択

ファンフィクションよりも... 12章 [Stranger than Fafiction]

12章:Sinners and Saints
罪びとと聖人

この章は、ちょっと長いです。そして重要です。タイトルのSinners and Saints(罪びとと聖人)は、バーの名前です。意味深?
やたらと出てくる hook up date は、もうそのものです。ヤるために会う。だって hook up app(出会いアプリ)で会ったんですもん。


オクラホマの宿に着いてみるとキャッシュはまだ来ていなかった。
ジョーイは、ゲイっぽくおしゃれして、安全のために薬局にも寄って消防演習に行くみたいに張り切ってでかけた。ブライアンからの連絡を待ってぶらついていると、待合せのバーの名前と場所の連絡があった。Sinners and Saints というバーで、ジョーイは緊張のあまり水を飲む手が震えた。
ようやく現れたブライアンは、プロフィール写真よりも少し老けて見えた。反対に年を偽っているジョーイは、若く見えると言われた。ブライアンは建築家としての仕事のことを喋り、ジョーイは、名前とプロフィールも偽っていることを忘れ、ボロをだしそうになった。バーテンダーが注文を聞きにきたときに、IDの提示を求められてどきりとしたジョーイだが、キャッシュがくれた偽のIDのことを思い出してバーテンダーに見せた。そのIDを不審に思って取り上げたブライアンは、名前と写真の違う偽のIDにひどく警戒して帰ろうとした。
ジョーイは頼むから、訳を話すからと、ブライアンを引き留めた。ブライアンはジョーイの様子に自分の昔の記憶を呼び戻した。もしかして、まだ誰にも言ってないのか?経験もないのか?そして、保護者のような気分になったブライアンは、少し話をしようと座った。僕が君くらいの歳だった頃に必要だったことを君に教えておこう。どうして最初の経験をいきなり見も知らないヤツとヤルつもりだったのか?特別な誰かが現れるまで待てないのか?というブライアンに、僕たちhook-up アプリで会ったのに禁欲を説くわけ?とジョーイは反論した。ブライアンは根気よく性や出会いについて慎重になるように語った。ブライアンの初体験はいい思い出ではなかったのだろう。今夜僕らやらないの?というジョーイに絶対にやらないとブライアンは答え、最初の経験は後悔しないようによく考えることだと諭した。
ジョーイはそんなに簡単な問題じゃない、と、家庭環境や進学先のことを話した。家族にまだ話せる状態じゃない。ブライアンにも受け入れてもらえない叔父がいた。全員が受け入れてくれるわけじゃないが、受け入れてくれる人たちはたくさんいる、それがゲイの掟だよ。相談できる場所もある、自分を大切にするんだと言って、ブライアンは素早くジョーイの唇にキスをして出て行った。
ファーストキスのハイな気分から落ち着いたとき、ジョーイは聖人というより罪びとの気分だった。


その時突然、「ヘーイ、色男、デートはどうだった?」と、後ろの席から声がした。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ: